ミツバチを見つけたら早めの対処をすると良い

修理隊

ミツバチの活動時期について

益虫でもあるミツバチですが建物内に巣をつくってしまったりして人に害を与えることがあり、その場合には、駆除するしか洗濯筋がない事態に陥ることもあります。なるべくリスクが少ない時期に駆除をおこないたいものですがミツバチの活動時期や巣の特徴を理解したうえで駆除に適した時期や方法を確認しておきましょう。
ミツバチの活動期間はほぼ1年中といっても過言でなく、スズメバチなど他の蜂は11月ごろから姿を見せなくなります。しかし、ミツバチについては以下の通りになりますのでご紹介しておきます。 2月~4月:新しい巣を作るために移動する。
5月~9月:暑い日が続きエサも少ないので活動が弱まる。
10月~11月:冬に備えて活発にエサの確保をする。
12月~3月:越冬期間。状況によっては飛ぶこともある。
上記で例えた通り2月ごろに越冬を終えて産卵と育児が始めます。3月から4月ごろになると、分蜂といって旧女王蜂が多くの働き蜂と共に新しい巣を求めて移動します。

大阪府南部
堺市 羽曳野市 藤井寺市 松原市 柏原市
大阪狭山市 東大阪市 河内長野市
害虫の巣を駆除
泉南市 泉佐野市 泉大津市 高石市 阪南市
貝塚市 富田林市 和泉市 岸和田市

夏場は暑く、エサとなる花も少ないから産卵や育児のペースが一旦落ち着く季節となります。10月頃から越冬の準備に移行するのでエサを探すために活動的な時期となります。12月~3月の冬の期間は巣で越冬をすることになります。
これが、ミツバチの年間スケジュールと言ってもいいでしょう。

当社からのご案内


大阪府北部
高槻市 豊中市 茨木市 門真市 摂津市
吹田市 寝屋川市 箕面市 枚方市 守口市
害虫の駆除
交野市 八尾市 大東市 四条畷市 池田市

営巣しやすい場所
巣のリスト

修理依頼手順