蜂の駆除業者

ハチに刺されたら

蜂に刺された場合に、蜂毒にアレルギーがなければ、刺された箇所に軽い痛みやかゆみ、腫れなどが起こり(局所症状)、数日程度で消えていきます。しかし、蜂毒にアレルギーがあると、刺された人の約10~20%が、全身のじんましんなどの皮膚症状や嘔吐、浮腫、呼吸困難などが起こるアナフィラキシーを引き起こすといわれています。そのうち、数%は意識障害や急な血圧低下によるアナフィラキシーショックを起こすとされ命に危険がおよぶ確率が高くなります。

アナフィラキシーショック

スズメバチをはじめハチに刺されると、刺された部位が急に腫れ、痛みが生じ、時には血圧低下、呼吸困難、意識喪失などの全身症状が起こり、死に至ることがあります。このような症状は、ハチに刺されて体に入ったハチ毒(タンパク質やペプチド)が起こすアレルギー反応と考えられており、重症の場合、アナフィラキシーショックと呼んでいます。
蜂毒が体に入るとマスト細胞からヒスタミンが一気に遊離してアレルギー反応が起こります。この反応では、一度ハチに刺されることでハチ毒に対するIgEという抗体(免疫グロブリン)がつくられ、さらに、IgEがマスト細胞にくっついた状態になると再びハチに刺されることでハチ毒がIgEと結合しヒスタミンの放出が生じます。
養蜂家や林業に携わる方でハチに刺された経験のある方はハチ毒に対するIgE抗体がつくられている可能性もありショックの危険性が高いわけです。一方、初めて刺されてショックを起こす例も稀にありIgE抗体を介さずにマスト細胞から大量のヒスタミンが出た結果と考え、この場合はアナフィラキシー様反応といいます。最近の研究から、ハチ毒のような特殊な構造を持つペプチドや薬が結合する「受容体」がマスト細胞の表面にあることがわかってきました。まだその受容体をブロックする薬はありませんが、今後アナフィラキシーショックの予防に使える薬ができる可能性があります。


提携地域紹介
札幌市のハチ駆除

アナフィラキシーの症状でもっとも多い症状が、じんましん、赤み、かゆみなどの「皮膚の症状」です。そして、くしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなどの呼吸器の症状。目のかゆみやむくみ、くちびるの腫れなどの粘膜の症状、腹痛や嘔吐などの消化器の症状、血圧低下など循環器の症状などがあります。これらの症状が複合で発症し急速にあらわれるのが「アナフィラキシーの特徴」となっています。

関西ハチ駆除のコラム
チャイロスズメバチの特徴 他のハチの巣を襲うハチ

電話相談

当社では、電話相談も承っております。害虫の被害でお困りの時には、ご気軽にお問い合わせ下さい。

解決までのロードマップ