蜂の駆除業者

クマバチの特徴

クマバチは、体長が21~23mm、光沢のある黒色で、胸部背面は黄色毛を密生する。

参考画像

クマバチの被害

体長22mm程度の大型の蜂で木材を食べるわけでは有りませんが木造建築の屋根部分の垂木などに営巣し巣穴を掘ります。大型のため巣穴も大きく、最長40cm位の長い穴を掘るため垂木の強度低下が大きく深刻な被害が発生します。特にフジの花蜜と花粉を好むため、フジの木の近くの建物に被害が発生します。垂木が露出している神社や仏閣の被害が多くフジ棚のある神社仏閣はかなり高い確率で被害に遭っています。巣穴は子孫に受け継がれて代々同じ巣を使い続けます。図体が大きく羽音が大きいため恐がられますが性質がおとなしく人間が攻撃しなければ刺すことは有りません。

大阪府南部
堺市 羽曳野市 藤井寺市 松原市 柏原市
大阪狭山市 東大阪市 河内長野市
害虫の巣を駆除
泉南市 泉佐野市 泉大津市 高石市 阪南市
貝塚市 富田林市 和泉市 岸和田市

クマバチってどんな蜂?

クマバチはハチ目ミツバチ科の昆虫でハナバチと呼ばれる仲間です。基本的に温厚で、食事はもっぱら花の蜜などです。でも、大きな体に大きな羽音がすることからちょっと怖がれられたりもします。地域によっては「くまんばち」と呼ばれたりもします。

大阪府北部
高槻市 豊中市 茨木市 門真市 摂津市
吹田市 寝屋川市 箕面市 枚方市 守口市
害虫の駆除
交野市 八尾市 大東市 四条畷市 池田市

蜂の被害でお困りでしたら電話相談も承ります。

宅地内にハチが巣を作りやすい場所です。シグナルとしては、ハチの目撃が多くなることです。

巣を作りやすい場所

解決までのロードマップ